6章:外構工事

      2015/03/22

引き渡しが終わり、いよいよ外構工事の業者選定をする段階にきた。

後から気づいたのだが、K社から提示された金額は妥当な金額で、建物と一緒にお願いしていたらもっとスムーズにできたのかもと反省した。

その時は、外構工事の見積もりも取ったことがないから、当然高いか安いか判断も出来ず、さらに、設備のグレードを上げたりとオプション金額を支払ったので、外構工事に充てる金額も残りわずかしかなかった。

要望を伝えて見積もりを取ったらずいぶんと高い。これじゃダメだと、K社は断り自力で探すことにした。

結局は合い見積もりを取ってもさほど変わらずであった。

そこでわかったのは、外構工事は、建物よりも見積もりがいい加減である事。値引きもあたりまえで、どんぶり勘定である。詳細の提示はあるものの、何せ一式○○円が多い。

結局、予算を少しオーバーしK社から提示された金額とさほど変わらない金額で、近所の外構専門業者に発注した。多少値交渉をした事が原因なのか、職人さんとの相性が良くなかった。

高い金額を支払えば、キチンとした職人さんが来たのだろうか。正直仕上がりには不満が残った。

外構工事は、家の顔にあたる。毎日帰る我が家。家を買って良かったと思う満足感は意外と家の外にも気を使ったプランを立てる事が大事だと思う。

外構工事もピンキリで少し見栄を張るにはそれ相応の金額がかかる。余ったお金で外構工事という考え方もあるが、初めからプランに組み込み見積もりを弾いておいた方が、計画性を持った家づくりが出来ると感じた。

こうして我が家は、土地を新聞広告で見つけ、衝動買いと言われてもおかしくない無計画な土地取得をきっかけに家つくりを始め、約1年を経て無事引っ越すことが出来た。

ここまでいろいろと書いたが、全体的には 概ね満足といったところだ。ただ、家を購入するにあたって、全てがかなり疲れるという印象だ。

M家のマイホーム物語

 - マイホーム物語, M家の場合