質問:もしタイムマシーンがあったら、どの時の自分に会いに行きどんなことをアドバイスしますか?

      2015/03/22

もうこれは間違いなく、友人が知り合いの設計士さんを紹介してくれると言った時です。

私達の家づくりは間違いだらけだったと今でも思っています。

戸建住宅を手に入れるには、大きく分けて、既に出来ていたり着工している建て売り住宅を買う、分譲宅地を買って建築業者を自分で探して建てる、建築条件付きの土地を買って決められている建築業者で建てるという3つの方法があります。

そして今回私達は、その中の建築条件付きの土地を買ったので、指定の地元の工務店で家を建てたのですが、別に大手のハウスメーカーがよかったとも思っていませんし、その工務店自体がよくなかったとも思っていません。

土地自体は場所も金額もとてもよかったので、話が進まないからと言って契約を白紙にはしたくありませんでした。とにかく唯一言いたいのはその工務店に、きちんと話ができる設計士、営業がいなかったということだけなので、そこの担当者がなんの努力もしてくれず、話が進まないのであれば、それはもうこちらから見切りをつけたら良かったんです。

そうすれば忙しくて時間がない中、自分で鬼門などの方位などを調べなくても良かったし、色んなカタログをどっさり渡されて選んで来てくださいなんて言われることもなかっただろうし、何度も無駄な打ち合わせの為に工務店に足を運ばなくても良かったんじゃないかと思いますし、なにより第6章にある、住み始めてからおかしいと思うことはほとんどなかったんじゃないかと思います。

確かに設計士を仕事としている人にお願いしていたら、プラス200万円から300万円はしたかとは思いますが、その分自分ではまったく思いもつかない提案をしてもらうことができただろうし、プロだからこその今までの経験からの意見が取り入れられた家ができたんじゃないかと思うと、結局はその数100万円も安いものだったんじゃないかと思うのです。

そう、工務店が悪いところというわけではないのです。ちなみに参考までに、私が感じた工務店のメリットとデメリットを参考までにいくつかあげますと、まずメリットは自由に家をプランニングできるところです。

正直金額は積み上げ式なので、高いものを選べば高くなりますし、安いものを選べば安くなります。なので、こだわりたいところにはお金をかけて、そうでないところは必要最小限のものを選んだらいいと思います。

あとは選択肢が広いこと。キッチン、お風呂、洗面台、トイレ、窓枠、各種扉、照明など、別々に好きなメーカーのものを選んで構わないのです。ただあまりに色んなカタログを見過ぎると訳が分からなくなってしまいますのでご注意を。

そして私達の工務店もそうですが、この辺は材木屋さんが工務店をやっているところも多く、構造材はすべて無垢材を使い、床板なども合板ではなく無垢材を使っていますので、部屋がとてもおちついた感じになるのはもちろん、多少なりとも強度にも安心ができます。
あとは多少の変更は目をつぶってくれたことでしょうか。

階段の構造上クロスを貼ることができなくなってしまったので、そこだけ塗り壁にしたいと言われたのですが、同じ部屋なのに、この壁はクロスでこっちの壁は塗り壁だと絶対おかしくなる気がした私はOKの返事をしなかったのです。でも、工事が止まってしまうのを心配した責任者は「じゃあもうそのままの料金で、部屋全部塗り壁にします!」と言い、結局部屋全部塗り壁にしてもらいました。もちろん追加料金はなしです。

どんな計算が責任者の頭の中でされているのかはわかりませんが、当初クロスの予定だった玄関横の壁を無垢材に変更してもらったり、和室の壁を1ランク上のものに変えてもらったり、玄関扉を見積もりより高いものに変更してもらったりしましたが、その辺は追加料金を言われることはありませんでした。一度ポツリと「社長に見られたら怒られるなー」と言っていたことはありましたけど(笑)

そして何と言っても色々な要望ができて、色々なものが自由に選ぶことができるのに、金額が安いということです。同じ条件でハウスメーカーで建てたらいくらかかったか想像もつきませんが、同じ頃ハウスメーカーで建てた姉の家とは建坪が10坪以上違うのに、かかった金額はあまり変わらないことを見るとやはり工務店の金額は低めと思われます。ですので、時間などに余裕があって、家づくりを楽しみたい方には工務店は是非おすすめです。

そして、デメリットはまったくその逆のことになりますが、自分で考える部分が多いということで時間がない方や、まったくこだわりがない方には難しいこと。またきちんとした営業さんや設計士がいないところは話が通りづらいとか、あとは第4章であった、色んな行事毎にお金がかかり、それも全て自分でやらなくてはならないことでしょうか。

その点ハウスメーカーはしっかりしているので、ほとんどのことを営業さんと打ち合わせするだけで話がどんどん進んでいきますから、自ら動かないと進まないなんてことは一切ありませんし、ローンのことから設計プラン、金額の詳細に至るまできちんとした対応をしてくれます。初めての家づくりをする人にとってはとても心強い、最大のメリットと言えるでしょう。

一方デメリットはやはり金額が高いことでしょうか。確かに沢山の社員を抱え、全国にいくつもの展示用住宅を建て、一流芸能人が何人も出て宣伝しているのですから、その分単価はどうしても高くなります。また決まっている中からしか選べないし、ちょっとプランを変更しただけなのにかなりの追加料金がかかると言われています。

だからもしこの次、家を建てることがあったら私は間違いなく、自分と波長やセンスの合う設計士のもと、工務店でつくることを選びます!

なぜならその理由はただひとつ!金額をおさえつつ、自分の住みやすいと思える家、心地よい家を、自分で考えて作りたいからです。

まぁ、そうは言ってももうそんな機会は99.999%ないとは思います…そう、多くの人が家は一生に一度建てられるかどうかですからね。そうなんです、家は人生最大の高い買い物なんです。

私はそのことにもっと早く気がついて、家づくりという人生最大の買い物をもっと真剣に捉えて、納得できないことは納得できないと強く主張して、工期を遅らせてでも納得のできる方法を考えるべきでした。

そして私がこの家づくりのことを書くことになった時に非常に困ったことがありました。

家づくりの時に集まった、膨大な資料やカタログ、提案書、見積書、領収書、各種コピー、メモなどから、登記簿、権利書などのとても大切なものまでが、まとめられることなくどっさり一袋に詰め込まれていたことです。いくら忙しかったとはいえ、これも私の家づくりに対する真剣な気持ちが足りない証拠です。

こんな私みたいな人はあまりいないと思いますが、是非家をつくる時は専用のノートなどを作り、打ち合わせの内容をメモしたり、やらなければならないことをきちんと忘れないように書いたり、いつこんなことをしたとか、何のためにいつ、いくらを支払ったとか、きちんとまとめておき、必要のないものはきちんといらなくなった時点で処分するとか、いらないものだけをまとめる袋をつくるなどしておくことをお勧めします。

今回はこちらの記事を書いたことで、7年目にしてやっと家の資料をきれいにまとめることができました(笑)

最後になりますが、当たり前のことですが、家を建てるきっかけ、資金や予算、家へのこだわり、土地へのこだわり、など状況やこだわりなどは人によって様々です。

是非これからお家を建てようと思っていらっしゃる方がこれを読んで、少しでも参考にして頂けたら幸いです。そして皆さんが是非理想の家づくりができますよう、お祈りしています。

めざせMy Sweet Home!!

S家のマイホーム物語

 - マイホーム物語, S家の場合