質問:もしタイムマシーンがあったら、どの時の自分に会いに行きどんなことをアドバイスしますか?

      2015/03/22

迷わず第2章ですね。設計依頼は建築設計事務所に依頼するべきだった。

我が家の場合、仕事がら建築設計事務所との接点はある。

なので、設計事務所に依頼する気があれば容易にでき、さらに複数人に声をかけ設計コンペも出来る環境にあった。

しかし、あえてそれをしなかった。

理由は簡単である。設計事務所イコール建築は工務店。工務店の質のレベルがわからないので、断熱、気密に優れた建物を作ってもらえるか不安であった。奥さんは、冬暖かい家が欲しかった。

その点ハウスメーカーの場合、特徴から判断でき安心できる。建物の性能や構造の判断は素人ではできない分、性能や構造を公にしているメーカーの信用は高いと判断したからである。だから、家を買う際は住宅展示場で決めるしかないと思い込んでいた。

しかし、展示場にない地場のハウスビルダーの存在や、設計事務所に依頼しても断熱性に優れた建築は可能だった事を後から知った。

時間が足りなかったのである。

何しろ、土地を契約したその瞬間から、家を買う事を急ピッチで進めなければならない状況になるとは思ってもいなかった。もし、自己資金があり土地を現金で購入でき、先に登記までできていれば。状況は大きく変わっていたと思う。

設計事務所に設計だけを依頼し仮に設計料100万円を支払ったとしても、その価値は十分にある。更に、現場監理まで依頼すれば現場の進行状況に合わせて細かな報告からさらに提案をしてもらえる。

ハウスメーカーの現場監督は、常に複数の現場をかかえている為、主な業務内容は、定期的に訪問し工程表とズレが生じていないか、問題が起きていないか等基本的な事をチェックするだけが多く、現場で変更することはほとんどない。

設計者も現場がはじまると、次の設計にシフトし現場に来ることは稀である。

もし、設計事務所に依頼していたら、間取り先行だけでなく外観デザインにも配慮した設計をしていたと思う。個性あるデザインは設計者の作品でもある。住む側の要望を叶え、外観デザインにも拘る。今と全く異なった家の姿があったと思う。

工事中の段階でも施主の指示間違いを正してもらう事が出来たと思う。そう思うと非常に残念である。

比較するものが存在しないから諦めもつくが、仮に同じ形状の土地が隣にあり、予算は同じで設計事務所に依頼した建物が出来上がったとしたら、どうなっていただろうか。

M家のマイホーム物語

 - マイホーム物語, M家の場合