職住近接の便利さ! 港区赤坂に住む共働きママの口コミ情報

      2015/04/25

赤坂の賃貸住宅一覧

家族構成を教えて下さい。

父、母、長女(3歳)

住んでいる(いた)地域 区名とできれば町名、もしくは最寄り駅名

港区赤坂 最寄り駅は溜池山王、六本木一丁目、赤坂

その街に住んだ経緯と選んだ理由

夫婦共に職場が近い

保育園、幼稚園、小学校、学童などについて

現在保育園に入っています。申し込みから8か月待ちましたが、待機中も区の保育サポートでお世話になり、ストレスなく仕事が続けられました。

http://www.city.minato.tokyo.jp/kodomo/kodomo/kodomo/support.html

港区は民間に委託した保育施設が充実していて、おすすめです。託児料金もかなり安いです。
学童も同じく。

http://www.city.minato.tokyo.jp/kodomo/kuse/kocho/faq/kodomo/049.html

中でも中高生プラザという施設がかなり充実していて、小学校の跡地を利用した広い施設などを信頼できる受託会社が運営していて、子供たちもとても快適に過ごしているようです。我が家も赤坂の中高生プラザのキッズルームを利用していますが、無料で体育館やクラフトルーム等も利用でき、大変助かっています。

港区でも、海に近いエリアは子供が増えてなかなかサービスが受け辛いところもあるようですが、新橋、虎の門、神谷町、三田、麻布、白銀、赤坂、青山、どこも子連れで出かけられる施設が多く、生活しやすくおすすめです。

利用した、利用できそうな区の制度

出産費用の助成金を利用しました。

支払額60万円以上…助成限度額(60万円)-出産育児一時金等=助成額
支払額60万円未満…支払額-出産育児一時金等=助成額

児童手当(所得限度額内だと3歳までは月1万5千円)
http://www.city.minato.tokyo.jp/kodomokyufu/kodomo/kodomo/jidoteate.html

区内の100円コミュニティバスを、子供が1歳半になるまで無料で乗りました。

外苑前の子育てひろばあいぽーとは、託児・お遊び・親子の習い事・親の習い事・各種イベントが盛り沢山で大助かりです。
http://www.ai-port.jp/

その街のおすすめポイント

大通りから一本入ると以外にもマンションが立ち並ぶ住宅街。緑も多く、公園や緑地帯、広大な神社もあり、過ごしやすいです。

歩道も広い場所が多く、子供乗せ自転車でも快適です。場所柄、あまり若いママも見かけず、(不妊治療の助成金が沢山出ることから高齢出産の家庭も多い)小さい子の親は30代半ばから50代までと落ち着いた年齢層です。ママ友トラブルの話も殆ど聞きません。

銀座や新宿、渋谷などの繁華街も、自転車で30分圏内なので、どこにいくにもお金がかからず快適です。

意外にもスーパーが何軒もあって、買い物にも困りません。

その街に住む上での注意点

溜池の交差点付近など、オフィス街の通勤ラッシュ時には歩道に人が溢れ返っています。タクシーも多いので、時間帯によっては抜け道になる細い一方通行の道などは、歩行に注意が必要です。

六本木の交差点付近は、朝の通学時間帯に、徹夜明けの酔っ払いがフラフラ路上に倒れていたりすることがあります。(お巡りさんも、街の自警団も見回りしているので大丈夫ですが)ハロウィンやクリスマス時期は、夜は大騒ぎしているので六本木エリアは通らないようにしています。

23区内への引っ越しを迷っている友人へアドバイスするとしたらどんなふうに伝えますか?

広さや築年数をあまり気にしないようでしたら、都心にも割安の物件は沢山あります。(うちも築13年、40㎡、2DKで家賃12万円代です)

職住近接は、大災害が起こった時などにとても安心です。お勤めが都心であれば、子育て中のご家庭は特に会社の近くにお住いになることをお勧めします。うちも主人が退社後10分で帰宅してくれるので、毎日一緒に食卓を囲めて助かっています。

3.11.の震災時にも、すぐに徒歩で帰宅できたので、この先も職住近接は我が家のモットーとしていくつもりです。

 - 東京23区子育て情報, 港区